スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユダイクス入れ替え 

この記事は少々難があり、
お蔵入りとなっていた記事で、
1ヶ月前のことになります。^^;


まんじさん系統皇帝ユダイクスの入れ替えを行いました。
2令で♀と判断しカワラ1100ccへ入れていたニョロを
掘り出したところ・・・、
P2010188.jpg
27g、♂じゃないか!!
σ(^-^)の判別なんてこんなものです。^^;

そこで、カワラ2000ccへ入れ替えたのですが、
一旦潜って落ち着いていたように見えたのですが、
暴れる・暴れる・暴れる・・・・。
10日後
の再入れ替え時には20gしかありませんでした。orz

ピンク理論派と呼ばれるσ(^‐^)です、
なぜこのような事態を引き起こしたか考えました。

1100ccと言ってもざっくり上部を取り除いて、
マットを乗せているので、
カワラの正味は800ccもないでしょう、
こんな環境で27gまで乗せてくるのです。
この個体はアンテと同じく2度食いしてますね。
この2度食いによって、
菌糸食いからマット食いへ食生活が変化し、
全く菌糸を受け付けない身体になってしまったのではないか、
そんな結論に達しました。

ルカヌスの達人達の意見はどうでしょうか?


しょうがなく無添加完熟マット(カブマット)へ投入したところ、
ピタっと暴れが止まりました。
1年1化の♀とペアリングさせるつもりで、
この個体は高温(24℃)で管理して早期羽化させます。

他の♂個体を見ても、
30gくらいで成長が止まっているように見えます。
35gくらいはいって欲しかったのですが。^^;
スポンサーサイト
[ 2010/02/16 23:04 ] ユダイクスミヤマ | TB(0) | CM(16)

こんばんは^^

ルカヌス初心者の私には、よく解りません。(^^;)
私のところの戴いたユダイは、最初からマット飼育ですが、未だ15g程度しかないように見えます・・・ゆるゆると成長はしてるのですが、先は長そうですね。
前記事のスペンス、ついに蛹化ラッシュが始まりましたね!うちでは既に第二陣の11月割り出し分の♀が蛹化を始めました。(汗)
9g程度から48mmになってますから、意外と大きくなるかもしれませんよ。
[ 2010/02/16 23:51 ] [ 編集 ]

mahitaさん こんばんは^^

おなじくルカヌス超初心者(幼虫飼育したことがありません)ので全く判りません(汗
所でアンテって2度食いなのですか?
と言う事は早めに大きな環境に移してやって劣化しないよう注意しつつ極力交換回数を少なくするのが大型を出す秘訣なのでしょうか?
ユダイの話なのに、アンテの事を聞いてすみませんv-356
[ 2010/02/17 00:03 ] [ 編集 ]

おはー

ウチももうすぐ計るつもりっすけどねー(多分
どーなっとるんやろ?
カワラ・マット半々でいく予定っす!
[ 2010/02/17 06:57 ] [ 編集 ]

こんちわ♪

アクベもユダイもマットなのでカワラ投入が
わかりません(;^_^A
ただ、L、エラフスもここに来て狂ったように
カワラに投入したものが暴れているので。。。。。
やはり、マットに替えようと(;^_^A

しかし、他が30g越えているのですね??
凄く楽しみじゃ~ないですかv-411

mahitaさんが”ルカヌスの達人達”
なってくださるよう願ってますよv-421
[ 2010/02/17 15:12 ] [ 編集 ]

mahitaさんこんばんは^^

やはりミヤマは一筋縄ではいきませんか^^;
気を使えば使うほどドつぼに嵌っていく気がする種です^^;
デッカイケースで交換なしってのが確実っぽい気もしますが、そううまくはいきませんしね^^;
[ 2010/02/17 18:37 ] [ 編集 ]

こんばんわ^^v

自分はルカヌスは無縁なので
全く分かりません・・・

しかし、mahitaさんの
理論納得です!
自分も今後の参考にしたいと思います♪

マットに切り替えて
少しでも伸びてくれるといいですね♪
[ 2010/02/17 21:48 ] [ 編集 ]

こんばんは~ mahitaさん ^^

クワ・・・・なかなか考えさせられますね~  v-410
それでこそこの趣味の醍醐味!
お互い飽きずに続けられますね~  v-392
[ 2010/02/17 22:15 ] [ 編集 ]

こんばんは

ルカヌスと言っても国産ミヤマしかいません^^;
押入れの常温飼育なので寒い環境で育ってますが
やっぱり外国産とは違うのでしょうね^^;
ルカヌスの達人さんのコメントを待ちましょう♪

でも他のニョロで30gいってたら結構
大型なんじゃないですか~^^
[ 2010/02/17 22:45 ] [ 編集 ]

あーくさん、こんばんは。

カワラで飼育すると、
2令後期から一気に成長する感じです。
30gくらいでピタっと止まります、
狙ったサイズには届きません。^^;

スペンスはあっさりと蛹室を作ってしまいましたので、
48mmUPは難しいと思います。
本家は越えられませんね。
[ 2010/02/18 18:32 ] [ 編集 ]

なおはるさん、こんばんは。

この個体を取りだした時に、
2度喰いをしていることを確認しました。
菌糸がドロドロになってましたから。^^;

カワラは短期勝負で一気に成長させて、
早期羽化を狙うには有効と思いますが、
じっくりマットで管理しても
羽化サイズは変わらないと思います。
[ 2010/02/18 18:33 ] [ 編集 ]

金太郎さん、こんばんは。

カワラ飼育組は1~2年で羽化、
マット飼育組は2~3年で羽化すると思います。
3令までの成長速度が大きく関係しているようです。

最終的な羽化サイズはどちらも変わらないと思いますので、
羽化までの期間を考えてくださいね。
[ 2010/02/18 18:34 ] [ 編集 ]

gucchiさん、こんばんは。

ユダイは他のミヤマと同じような温度だと
♂が3年1化になりがちなので、
これだと完全羽化ズレとなります。
それを防ぐためのカワラ菌糸飼育です。

肝はいかに早く3令まで持って行くかです。
3令中期以降はマット飼育で充分と思います。
[ 2010/02/18 18:34 ] [ 編集 ]

komachiさん、こんばんは。

???がいっぱいな種ですね、
産卵から羽化まで気が抜けませんね。
まあ、不思議な生態です。(爆

マットも時間とともに劣化します。
3年かかる個体もいますから、
交換なしってのは無理でしょう。
[ 2010/02/18 18:35 ] [ 編集 ]

☆一番星☆さん、こんばんは。

とりあえず羽化させるだけなら簡単な種とは違い、
いろいろと困難があるから、
コアなファンがいるんでしょうね。

σ(^-^)はド素人なので、
あまり参考にはならないですよ。^^;
3令中期以降ならマットで充分と思います。
[ 2010/02/18 18:35 ] [ 編集 ]

kazuさん、こんばんは。

クワよりカブトの方が難しいですって!!
水分調整の難しさは遥かにカブの方が気難しいですよ。

ピンポイントでツボを押すなんて、
ニョロの蘇生術ってスゴイですね、

気難しいフォルフォルやルカヌスも
kazuさんのようなスキルがあれば大丈夫でしょう。
[ 2010/02/18 18:36 ] [ 編集 ]

かっつさん、こんばんは。

国産ミヤマがルカズス属では最高難易度って知ってますか?
σ(^-^)はユダイクスは爆産させましたが、
国産は玉砕しました。orz

国産の温度に関する拘りは
アクベ・ユダイの比じゃないですよ。
[ 2010/02/18 18:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mahita.blog74.fc2.com/tb.php/363-1d50bd6e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。